Japanese Translation: Genesis 31:1-18 (Message: Pastor Robinson / Translation: Akiko Takeda

創世記31章1-18節


動き出す時


これまで長い間義父のラバンのもとにいたヤコブですが、今日の箇所で、彼に動き出すタイミングが訪れます。その場から動くように、ヤコブの置かれていた状況、神のことば、周りの人からの励ましという3つのパターンにより導かれた様子を見ていきます。同様に神様が私たちにもそれぞれの状況、聖書のみ言葉、交わりを持つ人を通して動き出すように導かれることがわかります。

聖書朗読箇所

創世記31章1-18節

"ところで、ヤコブはラバンの息子たちが、「ヤコブはわれわれの父の物をみな取った。父の物で、このすべての富をものにしたのだ」と言っているのを聞いた。 ヤコブがラバンの態度を見ると、はたして、それは彼に対して以前のようではなかった。 主はヤコブに言われた。「あなたが生まれた、あなたの父たちの国に帰りなさい。わたしは、あなたとともにいる。」 ヤコブは人を送って、ラケルとレアを自分の群れのいる野に呼び寄せ、 彼女たちに言った。「私は、あなたたちの父の態度が以前のようではないのに気づいている。しかし、私の父の神は私とともにおられる。 あなたたちがよく知っているように、私はあなたたちの父に、力を尽くして仕えてきた。 それなのに、あなたたちの父は私を欺き、私の報酬を何度も変えた。しかし神は、彼が私に害を加えることを許されなかった。 彼が『ぶち毛のものはあなたの報酬になる』と言えば、群れのすべてがぶち毛のものを産んだ。また、『縞毛のものはあなたの報酬になる』と言えば、群れのすべてが縞毛のものを産んだ。 こうして神は、あなたたちの父の家畜を取り上げて、私に下さったのだ。 群れのやぎにさかりがついたとき、私が夢の中で目を上げて見ると、見よ、雌やぎと交尾している雄やぎは、縞毛、ぶち毛、斑毛ばかりであった。 すると、神の使いが夢の中で私に『ヤコブよ』と言われた。私は『はい』と答えた。 御使いは言われた。『目を上げて見よ。雌やぎと交尾している雄やぎはみな、縞毛、ぶち毛、斑毛である。ラバンがあなたにしてきたことはみな、わたしが見た。 わたしは、あのベテルの神だ。あなたはそこで、石の柱に油注ぎをし、わたしに誓願を立てた。さあ立って、この土地を出て、あなたの生まれた国に帰りなさい。』」 ラケルとレアは答えた。「私たちの父の家には、相続財産で私たちの取り分がまだあるでしょうか。 私たちは父に、よそ者と見なされているのではないでしょうか。あの人は私たちを売り、しかもその代金を食いつぶしたのですから。 神が私たちの父から取り上げた富は、すべて私たちのもの、また子どもたちのものです。さあ、神があなたにお告げになったことを、すべてなさってください。」 そこでヤコブは立って、彼の子たち、妻たちをらくだに乗せ、 また、すべての家畜と、彼が得たすべての財産、彼がパダン・アラムで自分のものとした家畜を連れて、カナンの地にいる父イサクのところへ向かった。"

彼に対して以前のようではなかった (1-2節)

この時点でヤコブはかなりの年月ラバンのもとに居ます。一人目の妻に(結納金の代わりとして)7年間、2人目の妻に7年間、合わせて14年間です。共に読んでいない箇所ですが、30章でヤコブは14年のつとめを終えるときに自分を行かせて欲しいと願い出ます。


創世記 30章26節

"妻たちや子どもたちを私に下さい。彼女たちのために私はあなたに仕えてきました。行かせてください。あなたに仕えた私の働きは、あなたがよくご存じなのですから。」


しかしラバンは神様がヤコブのために彼自身を祝福されたので、自分のもとにヤコブをとどめたかったのです。ヤコブが居た間にラバンも栄えたので彼はヤコブにもっと滞在して欲しい、見返りに何が望みか、と尋ねます。


ヤコブはラバンの群れから家畜をくださいと言います。通常中東の羊は白くて、山羊はほとんどは茶色か黒です。ぶち毛の動物も時々いますが、模様のない単色のものが優性です。このためヤコブは模様のある家畜をもらえるよう願いましたが、それはより可能性の低いことでした。のちの箇所で神様が彼に与えた斑毛の家畜の夢について書かれている箇所から彼がなぜこれを願ったかがわかります。


ラバンはこの夢について知らなかったので、模様のある動物は元から少ないし、かなり多くの家畜が自分のもとに残るので自分には有利な取引だと思いました。


ラバンはこれに同意してすぐに模様のあった家畜を分けて息子たちと3日間、ヤコブのもとを離れるようにおくり出します。それほどにヤコブが与えられた家畜を引き連れて立ち去って、自分のもとを離れて欲しくなかったのです。

神様はラバンの行動を知っていましたが、模様のない一色の家畜よりも、模様のあった家畜がどんどん増え、強くなるような特別な方法を与えられたことでヤコブを祝福されたことがわかります。ラバンの元に残った模様のない家畜はどんどん減り、弱りました。

ヤコブのものとなった模様のあった家畜は増え続けて強くなっていきます。この方法は何度読んでもなかなか理解しにくいところですね。(詳しく説明しづらいところですので質問しないでくださいい笑。)ひょっとしたら夢のうちに、とにかく神様はヤコブに特別な理解を与えられました。

この状況は今日の箇所までかなり続いていました。そして雰囲気は明らかに変わっていきます。前の章ではラバンはヤコブに居て欲しい様子でどうにかしてとどまらせてヤコブが居てくれて受けられる祝福を願っています。ラバンの息子たちにも手伝わせます。前の章では進んで手伝っている彼らでしたがこの箇所ではその息子たちの態度に進んで手伝う様子がうすれているようです:

創世記 31章1節

"ところで、ヤコブはラバンの息子たちが、「ヤコブはわれわれの父の物をみな取った。父の物で、このすべての富をものにしたのだ」と言っているのを聞いた。"

以前はヤコブがとどまっていることを特に問題視しなかったラバンの息子たちはもはや心地よく思っていません。ヤコブは彼らの父の富をもっていってしまって長くとどまるほど自分たちの相続分が減っていくのだと。


状況とこの息子たちの考え、さらにラバンの考えも変わります。


創世記 31章2節

"ヤコブがラバンの態度を見ると、はたして、それは彼に対して以前のようではなかった。"


以前は、ラバンはヤコブを手放したくなく、望みの物を用意するから自分のもとに留まってくれと懇願しました。状況が変わって、これまでのように優遇しなくなります。これまで満足していたものでは満足しなくなりました。これまで問題なかったことが今では問題になっています。こうして、ヤコブが動き出す時が来ました。


私たちも往々にして神様が行動をする時だと促しておられるのか思いめぐらすことがあります。地理的な場所を変えて引っ越すとか、仕事、社内での別の役割、またはミニストリーで教会での奉仕や役割、仕える方法に変化がいるだろうか。すでに関わっているミニストリーへの関わりを何か変えていくべきなんだろうか。個人的なことかもしれません。または聖書の学び方、デボーションの時について何か変えようか、何か新しいことを学ぶときなんだろうか・・・。


みなさんにも神様は同じ場所に永遠にとどまることは願っておられないと率直に言えます。神様は今いる場所で出会ってくださり、あなたのありのままの状況やあり方を受け入れてくださいます。でもそれがそのままでよいとはされません。どの愛情深い父とも同じように、常に今以上の事へ召してくださる方です。


例え

私の子供たちが赤ちゃんの間はその子が赤ちゃんらしく振舞うのは問題ありません。うちの末っ子は5か月ですが、赤ちゃんらしく泣いて、ミルクを飲んでいます。まだ話さないし歩けません。その場にいるだけ。私たちが彼女を寝かせてそこにとどまってくれるのが実際助かります。ですが我が家には2歳児もいて、もしこの子が赤ちゃんのようにふるまうと困ってしまいます。もしミルクしか飲まなかったら、硬い食べ物からのもっと多くの栄養が取れず彼女の健康に良くないし、2歳らしく話せなかったり、歩けないならば困ったことになります。私は父親として2歳のこの子には赤ちゃんのように振舞って欲しくないのです。実際は2歳にふさわしく育っていてとてもうれしいことです。動揺に、5歳の息子は2歳児のようではないし、7歳の娘も5歳児のようには振舞いません。子供たちを愛しているので、それぞれの発達をしていってほしいのです。


同様に神様も私たちの父として、発達を願っています。ヤコブがラバンのもとにいたように、同じところに留まるのがよしとされる時期もありますがゆくゆくはまた別のところに動きなさいと召されます。

また、神様は時として、居心地のよくない感覚を通して私たちを召されることがあります。それまで何の問題もなかったことがもはやよくないように感じます。これまで満足していたことに不満を覚えます。心地よかった何かがもう心地よく思えなくなってくることもあります。

例え

沖縄に行くよう神様に召されたころを思い出します。居心地がよくない感覚から始まりました。ある日友達から、アレックスのミニストリーって何なの、と聞かれました。当時自分がしていたことを挙げてみると、「そうじゃなくて、なぜ神様は君を日本におくられたの?」と言われたのです。そこで私は答えにつまりました。それまでは答えを知らず、それで良しと思っていたのです。全くそれに問題を感じず心地よく思っていたので気になりませんでした。でもこの友達の言葉で一瞬で心地よくなくなったのです。その答えがないことが引っかかってこの嫌な感じから自分で動きはじめました。聖書に答えを探して、断食やお祈りをしました。なぜここに自分はいるのか。神様、ここに私を召されたのはなんのためですか。そこから沖縄への道がひらかれました。


また先週の金曜にも同じ感覚がありました。去年この世田谷の牧師になった際、焦点をだいぶ変えました。それまでファンキーフライデイや日本語礼拝の日曜学校等日本語でのミニストリーに深くかかわって、町田でのメッセージの通訳チームでも仕えていたほどでした。このおかげで日本語に触れて語彙を増やして使う機会がありました。インターナショナル礼拝の会衆に集中するようになってそういう機会から離れたので日本語の勉強をしなくなりました。それは当時は問題なく心地よく思っていたのです。


けれども、先週の金曜にバイブルカレッジの朝のデボーションをリードしていた間に、突如日本語の能力の限界を何度も思わされました。参加していた人の発言がわからないところがあったり、自分の単語の選択が間違って言いたいことが伝わらないのです。それまでも日本語が足りないと思っていたけれどもあまり気になりませんでしたが、突然それではだめだと思いました。これが自分が動くように言われているしるしに思えました。変化をもたらして、勉強を再開する。でも心地よくない感覚から始まりました。


神様が皆さんをどのように動くよう召しているのか知るには、何が心にひっかかるかを問うのが最良なことがあります。これまで問題視してなかったけれどこの頃変わってきていることはありませんか。ぴったりだった手袋がもう合わないように感じることはありますか。時として私たちはそんな風に次に動くように促されます。ヤコブに与えられたしるしもそのような様子でした。

当然、神様は心地よくない感覚だけを通して語られるわけではありません。引っかかる感覚が誤解を招きやすいこともあります。とするとどうすれば、神様が引っかかる嫌な感覚を通して動くよう召しておられるのかが確認できるのでしょう。

主はヤコブに言われた(3節)


ヤコブは状況の変化に気づきます。ラバンから受けていた好待遇がもう見られず、ヤコブはこれまで問題でなかったことが気になりはじめます。この心地よくない感覚をいだいたヤコブに主の言葉がのぞみます。

創世記 31章3節 "主はヤコブに言われた。「あなたが生まれた、あなたの父たちの国に帰りなさい。わたしは、あなたとともにいる。」"


ここで神様はヤコブが状況を通して抱いた心地よくない感覚にとどまらず、み言葉で確かにされます。神様は、同様に私たちが忠実にみ言葉を学ぶなら状況だけではなく、み言葉で行くべき方向を指ししてくださいます。では読んでいる箇所が神様のいくように示す方向に全く関係がなかったらどうか?と言う人がいるかもしれません。


聖書が神の生きたことばと呼ばれるのは理由があります。死んでしまった歴史書ではないので、読み始めると語りかけてきます。神様があなたが動くよう願われるなら、聞く必要のある事柄を語ってくれます。


例え

自分が神様に日本に召された理由がわからず、自分のミニストリーが何なのか引っかかっていた時、深くみ言葉に答えを求めるようになりました。そしてルカ書のこの箇所にたどりつきました。

ルカの福音書 2章52節

"イエスは神と人とにいつくしまれ、知恵が増し加わり、背たけも伸びていった。"


この箇所ではイエス様が13歳の時に神殿に行き30歳でミニストリーを始めたころが描かれています。ここを読んだ私は大量のレンガを落とされたような衝撃を受けました。

イエス様がはたらきを始められる前に知恵を増し加えて成長する必要があった。自分にもミニストリーを与えられる前に知恵を増し加えて学ぶ場所が必要なんだ・・。

そして先週金曜日デボーションでどこの箇所をとりあげていたかと言うと、マタイ書の20章17-28節でした。この箇所は弟子たちがミニストリーのかなめであることをおざなりにし、今にもイエス様が弟子たち自身に仕えるためにご自身のいのちを捧げて仕えようとされていたこと、彼らのミニストリーのカギとなることを無視していました。同じように私も日本での働きにおいて日本語のことを無視していました。

時々私たちは聖書をいのちのない歴史書のように、本棚でほこりが積もるままにしたりします。でも聖書はそのようなものではなくて、開くと神様の語ってくださる生きた言葉なのです。


もし私たちが動くべき時なら、聖書を用いて神様ご自身の言葉で確かめさせてくださいます。何か心にひっかかっていてもどうすればよいか不確かなのは、聖書を開いて求めていないからと言うことが多いです。


ヤコブは状況だけでなく、神様のみ言葉で、確かに直接神様語られ導かれました。

私たちにとって、何か引っかかる状況があり、み言葉に真剣に向かって、神様からある方向へ導かれるけれども実際に踏み出すべきかわからないこともあります。ほかにも動きなさいと確認できる方法がないかと思いますが、そのもう一つの方法があるんです。

神様に言われた通りにする(31章4-16節)


ヤコブは心地よくない感覚をもって主ご自身の言葉を受けました。彼はさらに確証を求めます。どのようにしたのでしょうか。


彼は交わりのあった人に訊ねました。2人の妻、レアとラケルを呼び、これまで経験しているところを打ち明けました。


引っかかることから感じていた導きを語ることから始めました。


創世記 31章5節

"彼女たちに言った。「私は、あなたたちの父の態度が以前のようではないのに気づいている。しかし、私の父の神は私とともにおられる。" そしてなぜその場にとどまることに引っかかっているか、説明します。


創世記 31章6~7節

"あなたたちがよく知っているように、私はあなたたちの父に、力を尽くして仕えてきた。 それなのに、あなたたちの父は私を欺き、私の報酬を何度も変えた。しかし神は、彼が私に害を加えることを許されなかった。"


ラバンは、ヤコブへの態度ばかりか報酬を10回も変えました。彼はその報酬が変わった様子を続けて話します。


創世記 31章8~9節

"彼が『ぶち毛のものはあなたの報酬になる』と言えば、群れのすべてがぶち毛のものを産んだ。また、『縞毛のものはあなたの報酬になる』と言えば、群れのすべてが縞毛のものを産んだ。 こうして神は、あなたたちの父の家畜を取り上げて、私に下さったのだ。"


ラバンは斑毛の家畜が増えていくのをみてヤコブの報酬を縞の家畜に変えました。けれども神様は縞模様の羊と山羊が生まれる群れを変えます。ラバンが変更するのに合わせて神様が模様のあるものの生まれる群れを変えました。 困難の状況でもこの神様の忠実な様子がみられます。ここではヤコブは妻たちに自分の引っかかっていることを打ち明けています。


そしてヤコブは神様が、夢を通して状況の事で何を語られたか話し出します。ぶちや縞模様の羊のことを語られたこと。そしてそこから動き出すよう言われたこと。


創世記 31章13節

"わたしは、あのベテルの神だ。あなたはそこで、石の柱に油注ぎをし、わたしに誓願を立てた。さあ立って、この土地を出て、あなたの生まれた国に帰りなさい。』」"


すると妻たちもまたヤコブに確信をあたえます。


創世記 31章14~16節

"ラケルとレアは答えた。「私たちの父の家には、相続財産で私たちの取り分がまだあるでしょうか。 私たちは父に、よそ者と見なされているのではないでしょうか。あの人は私たちを売り、しかもその代金を食いつぶしたのですから。 神が私たちの父から取り上げた富は、すべて私たちのもの、また子どもたちのものです。さあ、神があなたにお告げになったことを、すべてなさってください。」"

このように、妻たちが自分たちの父親の心地の良くない性質について語りヤコブは確信がもてました。そして神様に示されたことに従うこと、を確認しました。

私たちも周りの家族を通していろいろなことを確認します。配偶者や子供たちももちろんですが、特に神の家族はまさにそのような存在です。周りに置かれ交わりのある兄弟姉妹は、私たちの感じる事柄に正確な見解を言ってくれたり、神様のみ言葉を正しくとらえて誤った解釈を免れるようにしてくれますが、ラケルとレアが確信得られるようヤコブを助けたのと同様です。


例え

私はイエス様が知恵を増し加えた箇所から、自分もどこか学びに行く必要を覚えてから、その解釈と何か月か格闘していましたが、神様は交わりの中でとても良い2つの確証をくださいました。


一つ目は平野先生ご自身を通して。ホライズンにおいて私の成長が止まっているから成長のためにほかの場所に行くように。居たところから成長の場に動くことを神様のみことばで受け取ったのが確認できました。


2つ目はのちにジェレマイア牧師と話した時。私のことを思って祈ってくれていた彼から、沖縄のバイブルカレッジで学びに行くことを考えたことはあるかと言われました。より詳しい行き先を交わりを通して神様が示してくださいました。


そしてこないだの金曜日・・日本語のレベルとみ言葉から確認したこと。これがすでにありましたがバイブルスタディの後に、おそらく私自身の気づいた日本語の足りなさに気づいたのでしょう、渡部先生に呼ばれて、ここ1年間君の日本語力は伸びてないし、勉強をまた始める時期なのではないか、と言われました。ある程度ショックを受け、泣きそうな気持ではありましたが、交わりを通して与えられた確信です。行動しなければ。


神様が私たちに他のクリスチャンとの交わりを望まれるのはこのためです。交わりはとても重要です。教会ではメッセージ(説教)が一番重要だと考えられていますがそうならば電車でヘッドホンでメッセージを聞けば事足りるはずです。メッセージも重要ですが、神の家族との交わりもどれだけ大切でしょうか。

もし私たちが孤独だと誤解による感覚のままいることもあるし、神のみ言葉の解釈が少し狂い、道をそれたりもします。けれども神の家族の中ではこれらに確認が持てます。そしてそれが与えられたら動く必要があります。


ヤコブは動こうという気持ちをいだき、神から動きなさいと言葉をいただき、交わりで確証が与えられました。

私たちはみ言葉ですでに確認していることもありますが従わなければ何も意味を成しません。


今、神様はあなたにそのように語られ、召しているのかも知れません。すでに行き先を語られたか、確信を与えられているけれども足踏みして一歩踏み出せないのかもしれません。動きましょう。神様はあなたを愛しておられるからこそ、ふさわしいときに動くように召されます。


動いて、歩を進めて神様が何を去れるか見てみましょう。


沖縄に踏み出したのは私の人生の最も報われた経験の一つとなりました。今度は日本語の勉強を再開してどこにみちびかれるか、楽しみです。


動きましょう。そして神様の不思議な御業を見ましょう。

アーメン。




9 views0 comments